生姜シロップに炭酸水でウエスト周りに変化

更年期の疲れやすい体と生姜シロップの経験感想

生姜シロップに炭酸水で代謝を上げる

 アスリート家族の「長崎県産 生姜シロップ」を愛用しています。飲み始めようと思ったきっかけは新聞の折り込みチラシ。あまりに賞賛されている内容に、これは一度試してみよう!と思わずにはいられませんでした。
 40台も半ばを過ぎ、そろそろ更年期も視野に入れていかなきゃいけないのかも・・・と思い始めていたのも事実です。

 昔と違って、体の無理が利かず疲れやすいのが気になっていました。試してダメならやめればいいし。そんな軽い気持ちで注文してみました。

 商品が届き早速箱を開けてみると、意外にスリムなボトル。色々な飲み方が紹介されている中で、まずは紅茶に人さじ入れてみました。カップ一杯の紅茶に大さじ1くらいのシロップをいれたところ、カボスの酸味が強すぎて私にはダメでした。
 あちゃー、失敗したかなぁ、と思いつつ次にサイダーで割ってみることに。これが私には大当たり。さっぱりした飲み口で、「うん、美味しい!これなら毎日飲めそう!」と思いました。ちょうど飲み始めたのが夏前だったので、のどが渇くと一杯。食事時に一杯。という感じで一日に1~2杯を毎日飲み続けていました。

 しばらく続けているうちに毎日サイダーを1~2杯飲んでいること(糖分の摂りすぎ)が気になり、糖分を含まない炭酸水で割ることにしました。甘みがない分最初は少し物足りなくも感じましたが、慣れてしまえばこの方が体にいいものを飲んでるという安心感がありました。

 疲れを感じにくい体になれれば、と飲み続けているうちにある変化に気がつきました。なんとボディラインがすっきりしていたのです。特別運動を始めたわけではなかったのですが、ウエスト周りにたくさん乗っていた脂肪がいつの間にか無くなっていました。理由を考えてみて思い当たるのはこの「生姜シロップ」のみ。生姜はやはり血流をよくして代謝をあげるからに違いない!と私は確信しました。それ以来「長崎県産 生姜シロップ」は私にはなくてはならないアイテムです。

45歳 女性

経験談TOPページへ戻る

フォトサンプル
ページのトップへ戻る